現在のページ : トップページ

借地権の相続について

借地権は一つの権利です。
もし土地を借りている借地人が亡くなった場合、その権利についてはそのほかの相続財産同様、相続人に継承されることになります。
この継承に関して地主さんに一切の承諾が必要とされないため、しばしばトラブルのもとになる事もあります。
つまり、借地権は相続の対象となる、ということです。

この権利に関しては相続を譲渡するということに当たらないため、地主さんへの承諾が必要としないことから更新料なども必要ありませんし、契約者が相続人に変わるからといっても新たな賃借契約も必要ありませんし、内容も変わりません。

相続人が遺言書で決まっている場合、遺言書に沿って、決まっていない場合、法定相続人が分割協議などを行い決定することになります。

こうした借地権の相続を理解していくと、土地は地主さんの物であるのに、借地権があることで実際に地主さんが契約した本人ではない人に借地権がわたるという事実があったとしても、地主さんが全く関与しないままに事が進行することがわかります。

気になるのはこの借地権についての相続評価額です。
土地、建物を全部相続する場合、評価額がはっきりすると思いますが、借地権の場合、このようにはっきりするものではありません。
どのように計算されるのかなど、借地権の相続に関連することをしっかり理解しておく必要があります。

借地権の相続に関してはトラブルとなる事も多いので、ある程度知識を持って対応することが求められます。
当サイトは借地権の相続についてポイントを絞り、皆様に紹介します。
当サイトが皆様のお力になれれば幸いです。



<特選サイト>
借地権の売却や買取りなどについて専門家が相談にのっています ―> 借地権の売却